2014年3月28日金曜日

パトキャリアー

頼もしいパトキャリアー!
(PVより)
 運搬トラックから変身し、ガーディアンロボの右足となる
慣性制御車。

 荷台に慣性制御装置を搭載しており、(ガーディアンロボの)着地の衝撃を和らげたり、
逆に増幅してキックの威力をアップできる。危険物の輸送にも好適。
(以上、玩具の箱の説明文より。但し、一部括弧内にて補足あり。)

慣性制御装置と言う設定は、想像を拡げていけば、
落下物による被害を防いだり、墜落する人を救助したりと、
サンダーバードの風圧クッション車みたいな使い方
思い浮かびますね。
まさに≪頼もしい≫パトキャリアー!

元になったFRシリーズは、≪FR05日野レンジャー~化学消防車≫と思われます
(箱にも≪日野レンジャー≫と書かれています)。
元のFRシリーズは変身前が≪ブーブ≫と書かれた箱を幾つか積んだトラックですが、
パトキャリアーの変身前は発売元バンダイの系列会社であるバンダイロジパルの
運送トラックになっております。

合体準備。
まずペンタクラウドのパーツの一部であるガウスキャノンが合体、それから
ガーディアンロボの右足として合体。ガウスキャノンは踵になります。
尚、パトローダーも同様な合体準備形態になるので、
パトキャリアーをロボの左足、パトローダーを右足にもできます。


蛇足ですが、バンダイロジパルのロゴは、片側面にしかプリントされておりません。

もう一つ。
PVやCMでは、ガーディアンロボに合体直後、左足のパトローダーで着地していました。
衝撃を和らげたいなら右足のパトキャリアーで着地するべきでは…?

(2014年5月22日追記)

0 件のコメント:

コメントを投稿