2014年4月1日火曜日

パトファイヤーモード


ファイヤージャイロと、ブーブガーディアンロボ、
二つのマシンが今、一つになる!

ファイヤージャイロのランチャーを
ファイヤースピナーのネジ穴に付け替え
(公式では外します)。
パトヘッダーとジェットが分離。
 ファイヤージャイロのジョイントを出して
ガーディアンロボ本体のジョイント受けにはめて…、
 超合体!!パトファイヤーモード!!

公式にも、≪パトファイヤーモード≫という名前以外詳細の説明もありません。

・・・

ヒロイックだったブーブガーディアンロボが…!!
(ビスマルインパクト以来のインパクト)
(2014年8月28日訂正)
ゲーム作品で言うなら、
変形合体直後にビスマルポッドが無理矢理乗っかった
イカス・オレさま号。
(スーパーファミコン版《がんばれゴエモン3》より)

サブタイトルはヤバイ文字があるので省略。

 バストアップ。
顔の部分は、実はファイヤースピナーの後部なんです。
ネット上では『アクマイザー3のガブラ』と揶揄される頭部ですが(消防だけに水も出ちゃうし)、
頭のプロペラから『ポンキッキのムック』にも似てますぞ~。

横から見ると、御覧の有様だよ!
(レスキューキングの比ではない!)
しかし!パトファイヤーモードには、たった一つだけ利点があります。
この形状のおかげで、腕を前に上げても後方へバランスが取れて
倒れにくくなっている事です。
必然的に2台も余る
パトヘッダー(&ジェット!)
(ナマクビ合体じゃ)どうにも腑に落ちないから…、

0 件のコメント:

コメントを投稿