2014年6月22日日曜日

VB03 日立建機リジッドダンプトラック(EH5000ACⅡ)編

荷台部になる、
日立建機リジッドダンプトラック(EH5000ACⅡ)のレビューです。

ギミック1
(左)運転席を押し込むと、(右)固定されます。
合体時に使用されます。
(左)スイッチを引くと、(右)スプリングの力で上に上がります。
(搭乗こそできませんが)
カバヤ人形を絡めると、
スケール的にマッチします。

ギミック2
荷台が可動します。
FRシリーズなら(乗用車および中型トラックタイプ)、
最大4台搭載できます。
今回は、VB03に合わせる形で建機系FRシリーズでまとめてみました。
荷台を上げて、発進!
≪出撃!マシンロボレスキュー≫のギアダンプも、
このようにしてドーザーロボ4台を発進させておりました。
特殊装甲車両4台を搭載。
大型トラックタイプのFRシリーズは、2台が限度のようです。
ダッシュガーディアンと合体させたFRシリーズなら、
きっちり2台搭載可能。
他にもペンタクラウドに、
ファイヤージャイロ、
カバヤスーパーソニックランナーだって、
(追跡フォームにしなければ)搭載可能です。
イエローギアーズっぽく発進!
コンテナが荷台の縁に乗っかって
トホホな事に…。
スーパーストームソニックも同様に…。
やはり、ストーム1(レーシングフォーム)を乗せた方が無難なようです。

(カバヤの)トミカハイパーブルーポリスを
引っ張り出してしまったついでに…、

相方のホイールローダも荷台に乗せれば、
本家(タカラトミー)のハイパーグリーンレンジャー3号みたいに…、
ああっ、惜しい!
(タイヤが縁に…orz)

変身プロセスにして合体準備
荷台を上げます。
運転席をロックが掛かるまで押してしまいます。
キャビン部を後ろにスライドさせ、
収納します。
ひさしを閉じます。
最後に荷台を
下ろして、荷台部に変身完了。

こちらは、外装転換にこだわらない変身であり、
後のファイヤージャイロを構成する車両に
通じるところがあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿