2014年7月15日火曜日

きかんしゃトーマス(明治の食玩)およびプチ電車人形 運転士&車掌・乗務員

(2014年7月15日現在)
来る2014年8月31日に発売の《ウルトラマンギンガS(エス)》の
ウルトラチェンジミニカー《シュナウザー~日産リーフ》
および《マラミュート~日産e-NV200》をレビューする日に備え、
新たに《版権作品もの》なるラベルを追加しました。
その第1弾として、
イギリスの幼児向けテレビ番組《きかんしゃトーマス》から、
本日巌流市場で購入した明治(チューインガム株式会社)製の食玩
《パズルDE(で)トーマス人気のなかまたち編》の《トーマスA》をレビューします。

このシリーズは、主人(?)公の青い機関車トーマスを初めとする
ソドー島の機関車仲間を題材にした商品で、
機関車1体と線路が描かれたパズルピース2枚のセットになっています。
トーマスのフロントビュー。
蛇足ですが、トーマスの吹き替えの初代である戸田恵子さんは、
アンパンマン2代目鬼太郎マチルダ・アジャンなどの声のみならず、
TVドラマ《ショムニ》でも顔出し出演されるなど、芸幅の広い方です。
(2014年10月7日追記・2015年1月1日訂正)
…あ、キャッツアイの瞳忘れてた!

あと、トップ・ハム・ハット卿の吹き替えは、
初代が初代亀仙人で、
2代目は2代目友蔵、
3代目が(初代)組長先生です。
(2015年1月10日追記修正)

サイドビュー。
食玩らしくシールで処理されています。
同じくサイドビュー。
リアビュー。
 付属のパズルピース2枚は、
 このようにつなげたり、
このようにつなげたりもできます。
このシリーズには《トーマスA》の他にも、
《トーマスB(煙突に飾りの付いたバージョン)》、
《パーシー(いたずら好きな小さな緑の機関車)》、
《ジェームズ(ぴかぴかの赤いボディが自慢の機関車)》、
《ヒロ(日本から来た黒い機関車)》の全5種類あり、
それぞれのパズルピースを全て合わせると
350×200㍉の大きなマップパズルになるそうですが、
当方深みにはまらないためにも
《トーマスA》だけで止めておく事にしました。

またまた蛇足ですが、《ヒロ》といえば、
昔NHKでやってたイギリス製作のSF人形劇
《地球防衛軍テラホークス》にも、
同名の日本人隊員が出てました。
トーマスも、今はNHKで放映してるし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
閑話休題。
ここからは、本日ダイソーで購入した
プチ電車人形の残りをレビューします。
左が運転士セットで、右が車掌・乗務員セットです。
パッケージから出した
ランナー状態。
ニッパーで丁寧に切り離し。
手でもいでいくと以下同文。

運転士セットは立ち人形が2体しかなく、あとは座り人形です。
車掌・乗務員セットは、全て立ち人形です。
書き忘れていましたが、
座り人形達のためにも、駅か列車を買ってやらにゃぁ…。

てなわけで…、

今回出演したのは、
運転士セット、
車掌・乗務員セット、
それから…、
トーマス(A)でした!
これがしたかったのですよ!
(初代ナレーションです。:2015年1月1日追記)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例によって、おゆまるの空き容器を再利用。
乗客セット2種と一緒におかたづけ。

0 件のコメント:

コメントを投稿