2014年7月20日日曜日

コラム4 フエラムネのおまけ入れ替えの時期

今回は予定を変更しまして、
コリスフエラムネのおまけ箱の
デザイン変更についてレビューします。
 こちらがリニューアル前のおまけ箱です
(男の子用と女の子用、1個づつとっておいたのを撮影しました)。
最近購入した、リニューアル後のおまけ箱です。
開け口のイラストが、丸々ロゴに置き換えられています。

今月あたりからおまけ自体も入れ替えがあったようで、
(遊び方がわからないという意見が多かったとの理由で)
クッキーマン人形も(一度は)生産中止になったそうです。
(括弧内の《一度は》は、2014年9月24日追記)

こちらは明日レビュー予定
(結局、繰上げレビューしちゃいました)
《ロボット人形・海底生物》ですが、
中央のが最近出た分で、
両側の2体に比べて青みが増しております。

当方、この成形色変更で
おまけの入れ替えを察知したわけであります。



遊び方を色々自分で考えるのが、この手のおもちゃの醍醐味なのに、
《遊び方がわからない人が多いから、もう作らない》
なる風潮は、正直どうかと思います。



今回は、しみったれたコラムになってしまって恐縮です。

2 件のコメント:

  1. いきなりのコメント失礼します。
    ネットでクッキーマンのことを知りここにたどり着きました
    遊び方がわからないから作らないというのは寂しいですよね…
    自分は子供の頃グリコのおまけが大好きで、集めたおもちゃを机に並べては一日中うっとりしてたりしました。
    それだけで凄く楽しかったんですよね。
    スマホとかゲームもいいですけど、そういう楽しみを子供からなくさないでほしいと思います。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。
    当方も昔は、グリコのおまけやロッテのジョイントロボに夢中でした。
    映像作品という媒体とは無縁なので、その分自分でストーリーを思い描き、
    自分で遊び方を編み出すなど、今時の大多数の食玩にはない魅力がありました。
    フエラムネのおまけには、今時の玩具から失われた何かが残っている…そう感じました。
    それだけにクッキーマン人形は、もう少しでも生産を続けてほしかったです。

    返信削除