2014年7月16日水曜日

FTシリーズをレビュー前にディスプレイしてみました

今年の戦隊が列車モチーフだったりと、
今年は列車ブームなのでしょうか?

そんな訳で今回は、
つい大人買いしてしまったFTシリーズ
お手軽にディスプレイしてみました。

まずは、(株)トレ-ン製の
《Nゲージダイキャストスケールモデルおかざりレール》をば。
 レールが5本入っていました。
 レール同士の接続も可能。

5本全部繋げると撮影しづらくなるので、
2本だけを繋げて撮りました
(この辺りが鉄道玩具の辛いところです)。

先に開封して今回の撮影に使用しました。
本来はNゲージの列車を飾るためのレールなのですが、
 なんとFTシリーズの車輪とレールの幅がピッタリなので、
変身前ならレール1本で、
変身後ならレールを2本繋げて
FTシリーズをディスプレイできます。

FTシリーズも鉄道玩具の範疇なら、
やはり紙のマップに書かれた線路よりも、
ちゃんとしたレールに乗せて飾ってみたいじゃないですか。

FTシリーズは、当方の睨んだとおり
おかざりレールに対応しておりました。

マ・クベじゃないが、
コレは良い物だぁ!!

お次は、夕方ダイソーで購入した
プチ電車シリーズの《駅》です。 
 開封後、表から。
 裏から。
 屋根は取り外し可能です。

シールなどが付いていなくて殺風景だったり、
材質もポリプロピレンで塗装もしづらいですが、
税込108円にしては良くできています。
 プチ電車人形を置けるだけ置いたところです。
これだけでも賑やかな駅になりました。
イスの穴に座り人形のピンを差し込んで座らせます。 
 売店に乗務員人形をセットしてみました。

で…、
おかざりレールとFTシリーズを絡めてみたのですが…
列車が低すぎる!
そもそもFTシリーズはNゲージ並みのサイズなので、
サイズ的にプラレールに近いプチ電車の駅では
こうなってアタリマエ!

そこで!!

 フエラムネのおまけ入れ(クリアケースミニ)のフタで、
上げ底敢行!

 今度は、うまく飾れました。
 列車に対して人形がオーバーサイズなのは否めませんが、
本家プラレールとプラキッズも大体こんな感じのサイズ比ですから。
肝心なのは、雰囲気を楽しむ事です。

(補足)
駅には階段もあります。ここまで凝っているとは。
ほとんど坂なので、人形は奥の方にしか置けませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿