2014年9月18日木曜日

よりぬき不定期ひとりごと 2014年9月17日+9月25日 或いは懺悔

2014年9月17日
この画像は、決しておふざけで撮ったのではない。
《トイ・ストーリー》という映画に、玩具をバラしては組み替えて
《ミュータント・トイズ》を嬉々として作り出す子供が登場したが、
かつて当方も同じ様な事をしてきたのだ。
昔運営していたブログが自ら閉鎖するところまで
追い込まれた原因も、ここにあったのだ。
今は、玩具を改造する事なくなるべく原型を保って遊んでいる。
シューター遊び失敗による転倒事故、それを懸命に救おうとする人形達、
そしてそれを見守る人形達の姿こそ、
当方が昔改造して壊して捨ててきた玩具達への鎮魂歌である。


2014年9月25日
当方が大型玩具よりも小型玩具の方に重きを置いている理由は、
やはり家が貧しかった時期に食玩で我慢する他なかったからだろう。
それさえも自分勝手に改造してミュータント食玩にしていたのだから、
親にしてもそんな悪癖を治すべく(当方を)自衛隊に放り込んだのだと思う。
そんな事もわからずに親を恨んだ事もあった
浪人してでも大学に行きたかったとか、
従兄(今は外交官)だって1浪したはずだとか、
タ○リに謝れ、赤○に謝れ、松○に謝れ、
オラオラオラオラ僕のタ○ガー!…とか、
自分に理由を付けて屁理屈ばかりこねていたのだ。
今こうして一応安定した生活になったが故に、
自身の過去にも臆せず向き合えるようになったし、
玩具を大切にできるようにもなった。
でなければ、このようなブログすら書けないし、
書いたとしても○壁選手まで持ち出して、それこそ
新○ファンの反感を買うのがオチだったに違いない。


(2014年9月24日18:36追記)
上記の過去もあるし、
今回もバイクロッサーのシルビアと少年ケニヤのケート(実写ドラマ版の)を
女優の顔立ちが似てただけで誤認してしまい謝った文章をやらかしてしまったので
(西○雅彦と○村和彦を長年混同してしまっていた事も、ここに白状します)、
どこぞのチャンネルの人の事を当方とやかく言えないのです。

ただ、《少年ケニヤ》は角川のアニメ映画以前に
実写ドラマやラジオドラマまで製作されており、
それは事実です。

(2014年9月25日21:43追記)
自衛隊にいた時も同じ屁理屈をこねてしまいして、
先輩から『お前は、その人を馬鹿にしている!』
切り返されたのを今でも覚えています。
いくら有名人の名前を挙げても、
それが自分の事と直接関係ないわけですし、
彼等は当方の事など全く知らないわけですので、
『自分を誤魔化すための小道具としか思っていない』
と取られるのは至極当然の事で、
『お前こそ謝れ!オラオラオラオラ僕の○イガー!』
と返されるのも、やはり至極当然の事なのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿