2016年11月14日月曜日

コラム16 皆さんは、《東方見文録》てゲームを御存知ですか?

《東方見録(とうほうけんぶんろく)》

…ソレは、
1988年11月10日にナツメから発売された
ファミリーコンピュータ用のゲームで、
マルコ・ポーロの旅行記
《東方見録》を下敷きにした(実際色々よく調べてるとか)
ニューウェーブ・サイケデリック・アドベンチャー。

…もーおわかりかと思われますが、
かの弾幕系シューティングゲームとは無関係
(関係者の皆さん、本当にゴメンナサイ)。

東方…もとい、当方このゲーム自体
プレイしたコトもございませなんだが、
つい最近youtubeでプレイ動画を観まして…


とてもこのブログじゃ詳しい内容とか
書けるレベルじゃございません…
今、こーゆーゲームは《絶対》ツクれない…
そのくらいのアレな表現てんこ盛り
(任天堂からチェックが入ったくらいの)。

強いて書くとしましたら…

主人公《東方見 文録(とうほうけん ぶんろく)》が、
裕福な商人の家に生まれた大学生で、
タイムマシンとかツクっちゃう程の天才なんだけど、
相手をすぐ殴っちゃうなどアレな性格なのと…

そのアレさが災いしての、
救いのないラストシーンくらい
(所謂トラウマENDてヤツ)…

総統「ひょっとしたら、ひょっとして…
(アニメで)吉田くんが《アレな本》とか
読んだ時のリアクションの元ネタて、
《東方見文録》(のラストシーン)だったりして?」
レオナルド博士「…タダの偶然だろぃ?」
吉田「ヤだな~二人とも…こーゆーブログで、
アレな本とか読んだりとかしませんよ~?」

0 件のコメント:

コメントを投稿